インフキュリオン、「2017 年版 決済動向調査」を発表

-デビットカード、プリペイドカードの利用が増加。2年前の約2倍に -

2017.08.29PRESS RELEASE

インフキュリオン

 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、「2017年版 決済動向調査」を発表しました。今回は、2017 年 3 月に2段階のweb調査を行いました。全体調査では全国の男女 20,000人を対象に、主要ペイメントカードの保有・利用状況を調査しました。次に、勤労状況・世帯年収・生計上の立場で対象者を 8 セグメントに分け、生活動向・金融動向・決済動向などの詳細を調査し、2015 年から毎年実施している結果を踏まえ分析しています。

 今年は、デビットカード、プリペイドカードの利用増加が目立ちました。また、10 万円以下の投資をしている方も多く、投資への関心の高さが伺えます。そして、Fintechサービスの認知・利用率は低く一般化へむけた課題が残る結果となりました。

詳細は以下です。

■デビットカードとプリペイドカードの利用が増加。2年前の約2倍に

debit

■デビットカードの利用者は、男性が66%

debit2

■プリペイドカード利用者のうち 32%が29才以下。60才以上には浸透せず

debit3

■高額低頻度のクレジットカード、低額高頻度の電子マネーの傾向は変わらず。
デビットカードは利用者単価が増加。プリペイドカードは、利用者増加に伴いヘビーユーザーの割合が低下。

debit4

■Tポイントは60%の方が貯めている結果に。続いて、楽天スーパーポイントとPontaも人気。

debit5

■直近1年間に投資*した人は 23%、そのうち世帯年収が中程度以上の稼ぎ手は10万円未満の投資にも積極的。*株・投信・債券・FX・現物/先物取引を指す

debit6

■Fintechサービス主要7カテゴリー(ロボアドバイザー、オンライン家計簿アプリ、仮想通貨、貯金アプリ、簡易投資アプリ、クラウドファンディング、個人送金アプリ)のうち、認知度が最も高いのは仮想通貨。利用率は、オンライン家計簿アプリが多い。

debit7

【調査の概要】
・調査対象セグメント
下記 8 セグメントにおける、生活行動・金融行動・決済行動を調査。

debit8

・調査方法
2 段階の Web 調査で実施
– 主要ペイメントカードの保有・利用状況の調査が目的の「全体調査」
– 8 セグメント毎の生活動向・金融動向・決済動向の調査が目的の「詳細調査」

debit9

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社インフキュリオン・グループ
コーポレートコミュニケーション部
Mail: pr@infcurion.com
Tel: 03-6272-3924