エクサード

device_01

どんなビジネスにも変幻自在
自社Visa発行
プラットフォーム

About
Xardとは

VISAカードをすばやくローコストに作れるだけでなく、Fintech企業や金融機関、小売事業者、それぞれのビジネスにフィットする多様な発行形態に対応。変幻自在のXを冠した、カードを超えた次世代カード発行プラットフォームです。

device_02
Xard

Features
Xardの特徴

01.
Speedy
カード発行、各種機能設定、利用可否判定、利用履歴紹介など、あらゆる機能をAPIで提供。Visaカードを活用したサービス導入をスピーディーに実現します。
xard-feature_1
02.
One-stop
カード発行ライセンス、カード発行・決済などのプロセシングシステム、カードのオペレーション業務をワンストップで提供します。
xard-feature_2
03.
Direct Funding
Xardにおける残高管理機能に加え、提携先が保有するファンディングソースへのリアルタイムスイッチングが可能です。
xard-feature_3
04.
Scalable
Xard導入企業は、ウォレットプラットフォーム「 Wallet Station 」でQR決済やポイント機能など追加カスタマイズ可能。※ 現在開発中
xard-feature_4

Security
高いセキュリティ

PCI DSSおよび3Dセキュア2.0に対応し、カード利用時の不正リスクを未然に防止。
  • pcidss
  • 3D secure 2.0

Use Cases
ユースケース

  • 各種ビジネス
    各種ビジネス
    顧客ブランドカード即時発行

    従業員の経費精算や購買などに利用する法人カードを、必要に応じて発行することができます。

  • マーケットプレイス
    マーケットプレイス
    売上金の即時利用

    マーケットプレイスにおける販売者が自身の売上金を、銀行振込や現金引き出しなどの手間なく、Visaカードを通じて利用することが可能となります。

  • レンディング
    レンディング
    資金チャージ

    借り手であるユーザーは、店舗やATMに行くことなく、Visaカードを通じて資金を受け取り決済に利用できるようになります。

  • シェアリングビジネス
    シェアリングビジネス
    報酬の支払い・受け取り

    フリーランサーやドライバー等にキャッシュレスかつリアルタイムな報酬の支払いと受け取りを可能にします。

Case Study
導入事例

casestudy_img_01 casestudy_img_02
staple
経費精算サービス一体型法人カード「Staple」を クラウドキャスト社と発行
Stapleカードは、シームレスな経費精算を可能にする法人向けソリューションです。利用する企業は社内承認された経費・費用などを経理担当者を通じてカードにチャージができます。これにより従業員は煩わしい経費の立て替えや面倒な精算が不要になります。プリペイド式なので従来のような法人カードの与信審査も必要なく低リスク・低コスト、スピーディーに、より多くのスタッフへカードを配布できます。VisaカードなのでVisa加盟店ならば国内・海外の実店舗、オンライン決済など幅広く利用でき、出張の際の交通費、宿泊費やオフサイトミーティングの交際費など、様々なビジネスシーンで利用可能です。
スキーム
  • 01 カード発行
    Staple利用企業はStaple画面上でカード発行を希望するとクラウドキャスト社のシステムからXardにリクエストが届き、物理カードが発行されます。
    scheme_01
  • 02 決済
    クラウドキャスト社(利用企業)は、ファンディングソース(資金元)を指定し、Xardに接続。同社の場合は銀行口座がファンディングソースとして指定されています。
    scheme_02
    *ファンディングソースとは決済時に利用する資金や与信に相当するソース(資金元)となります。利用企業のシステムで決済か日の判定を行うことも可能です。
    **クラウドキャスト社のファンディングソースの場合。
Xardの役割
Xardが担うのはStapleカードのVisaカード発行と、プロセシングと呼ばれる決済処理です。
(本ケースでは、アプリケーション構築はクラウドキャスト社が行っています)
従来のオリジナルのブランドカード発行スキームは費用や工数面で実現が困難でしたが、Xardのご利用によってワンストップなスキームでスムーズに実現しています。
role