Policy. ポリシー

プライバシーポリシー

株式会社インフキュリオン(以下「当社」といいます)及び当社が運営する子会社(以下、総称して「当社グループ」といいます)は、個人情報の取り扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」といいます)を定めます。

  1. 1. 個人情報保護方針

    当社は、個人情報の保護が当社の社会的責務であると認識し、本ポリシーを全役職員に周知徹底させ、確実な実施と継続的な改善に取り組みます。

  2. 2. 個人情報の収集

    本ポリシーにおいて「個人情報」とは、生存する個人(自然人に限ります)に関する情報であって、氏名、住所、電話番号等により、特定の個人を識別できるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます)をいい、当社が運営又は提供するサービス等(以下「当社サービス」といいます)をご利用になる方及び当社グループとお取引がある方(以下、総称して「お客様」といいます)との電話連絡及びPC等の端末を通じた通信により生成又は蓄積されたご利用履歴に関する情報等も含まれる場合がございます。当社は、以下の個人情報を適法かつ公正な手段で取得します。

    1. 氏名、メールアドレス、電話番号、生年月日、ご職業、その他の特定の個人を識別することができる情報
    2. 当社サービスを利用する過程において提供される情報(ソーシャルネットワークサービス等の外部サービスとの連携を許可した場合には、当該サービスから得られた情報も含みます)
    3. 機器情報(端末の個体識別情報等)
    4. その他、当社サービスを提供するうえで必要な情報
  3. 3. 利用目的

    お客様からご提供いただいた個人情報について、当該お客様からの当社へのご要望・お問い合わせ等への対応、各種資料等の発送、その他当ウェブサイト上に記載された目的にのみ利用いたします。

  4. 4. 個人情報の共同利用

    当社は、グループ会社や業務提携先事業者等と共同開催するセミナーの実施などにおいて、個人情報を共同利用する場合があります。その場合、あらかじめ利用目的、データ項目、利用者の範囲及び管理責任者を明確にし、通知又は公表します。

  5. 5. クッキー(Cookie)の使用

    当社の取得するクッキー情報につきまして、通常、当該情報のみでは特定の個人を識別することはできませんが、他の情報と紐づけることにより、個人情報に該当する場合がございます。当社は、お客様のWebブラウザから自動的にクッキー情報を取得し、閲覧ページ、利用環境等の情報を収集し閲覧環境やセキュリティ環境の改善、サービスの検討、その他お客様満足度の向上を図るため利用いたします。また、Webブラウザによっては、その設定を変更することによりクッキーの使用停止することが可能となります。当社へクッキー情報を提供することを望まない場合は、別途、クッキーの使用を停止したWebブラウザにより、当社サービスを利用することを推奨いたします。

  6. 6. 個人情報の管理

    当社は、個人情報保護に関する諸法令を遵守し、個人情報の滅失、毀損、漏洩及び不正利用等を防止し、その安全管理を行うために、個人情報保護に関する規程を制定し、その内容を継続的な見直しと改善に努め、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策の実施に努めます。

  7. 7. 第三者提供について

    当社は、個人情報については、ご本人の同意がある場合、又は以下の場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。また、外国にある第三者に対して個人情報を提供する場合についても同様となります。

    1. 法令に基づく場合
    2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
    3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
    4. 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
    5. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合
    6. 事業譲渡、合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    7. 利用規約等の違反行為に対して法的な措置を含む必要な措置をとる場合
  8. 8. 個人情報処理の外部委託

    当社は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いの全部又は一部を当社以外の第三者に委託することがございます。この場合、当該委託先と個人情報保護に関する必要な事項を取り決めた契約等を締結のうえ、個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

  9. 9. 個人情報の開示・訂正等

    当社は、お客様から個人情報の開示、内容の訂正・追加・削除及び利用停止を求められた場合には適切にこれに対応します。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社がこれらの義務を負わない場合は、この限りではありません。

  10. 10. 統計処理されたデータの利用

    当社は、提供を受けた個人情報をもとに、個人を特定できないよう加工した統計データを作成することがあります。個人を特定できない統計データについては、当社は何ら制限なく利用することができるものとします。

  11. 11. 機微にわたる個人情報の取得制限

    当社は、以下に示す内容を含む個人情報の取得は原則として行いません。但し、お客様が自ら提供した場合は、この限りではありません。

    1. 思想、信条及び宗教に関する事項
    2. 人種、民族、門地、本籍地(所在都道府県に関する情報を除く)、身体・精神障害、犯罪歴、その他社会的差別の原因となる事項
    3. 勤労者の団結権、団体交渉及びその他団体行動の行為に関する事項
    4. 集団示威行為への参加、請願権の行使、及びその他政治的権利の行使に関する事項
    5. 保健医療及び性生活
  12. 12. 免責・注意事項

    当社は、当社サービスのリンクされている他の事業者又は個人のウェブサービスにおけるお客様の取得情報等の保護に関しまして、責任を負いません。

  13. 13. お問合わせ窓口について

    下記のお問合わせ窓口にて、本ポリシーに関するお問合わせに応じております。

    【お問合わせ窓口】
    〒102-0083 東京都千代田区麹町5‒7‒2 MFPR麹町ビル7F
    株式会社インフキュリオン プライバシーポリシー管理担当

  14. 14. 改訂

    当社は法令等の定めがある場合を除き、当社の判断によりお客様の同意なしに全部又は一部の改訂を行うことができるものとし、本ポリシー改訂後にお客様が当社サービスを利用した場合には、当該改訂に同意したものとみなします。

  15. 制定:2009年1月1日
    最終改訂:2020年7月1日

情報セキュリティポリシー

株式会社インフキュリオン(以下、当社)は、決済xテクノロジーを軸とした事業を行う中で、決済データを始めとする最も高いセキリュティが求められる情報資産を扱っております。当社は、当社のお客様やお取引先様からお預かりした情報資産および当社の情報資産を守ることを重要な責務と考え、情報資産保護の重要性を強く認識し、役員、従業員以下、すべての従業者を挙げて本基本方針を遵守し、情報資産の機密性、完全性、可用性といった情報セキュリティを維持するための活動を実践いたします。

  1. 1.経営者の責任

    当社は、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。

  2. 2.社内体制の整備

    当社は、情報セキュリティの維持及び改善のために組織を設置し、情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。

  3. 3.従業員の取組み

    当社の従業員は、情報セキュリティのために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。

  4. 4.法令及び契約上の要求事項の遵守

    当社は、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お客様の期待に応えます。

  5. 5.違反及び事故への対応

    当社は、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。

  6. 制定:2020年12月1日

反社会的勢力に対する基本方針

株式会社インフキュリオン(以下「当社」といいます。)は、次のとおり反社会的勢力に対する基本方針を定め、役職員一同これを遵守することにより、業務の適切性と安全性の確保に努めます。

  1. 1.組織で対応する

    担当者や担当部署のみで対応した場合、要求に応じざるを得ない状況に至ることもあり得るため、担当者や担当部署に任せず会社として組織的に対応し、不当要求に関連して従業員等の安全を確保する。

  2. 2.外部専門機関と連携する

    警視庁をはじめとする各都道府県警察本部及び所轄警察署、公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会、弁護士その他の外部専門機関(以下「外部専門機関」という。)との綿密な連携を行い関係を構築する。

  3. 3.取引の禁止

    反社会的勢力とは一切取引を行わない。新規取引先に対しては、本規程に定める手続により反社会的勢力でないことの確認を行ったうえで取引を開始しなければならない。万一、反社会的勢力とは知らずに取引を有してしまった場合は、不適切な交際相手が反社会的勢力であると判明した時点で、速やかに取引を解消する。

  4. 4.交際の禁止

    不当要求を防止するために、当社グループの役職員等は、反社会的勢力と不適切な交際をなしてしまった場合は、不適切な交際相手が反社会的勢力であると判明した時点、あるいは反社会的勢力であるとの疑いが生じた時点で、速やかに所定の方法により通報する。

  5. 5.有事の際の法的対応

    外部専門機関の協力を得て法的に対応する必要が生じた場合は、これらの機関と積極的に連絡を取り、民事と刑事の両面から法的対応をとる。

  6. 6.裏取引及び資金提供の禁止

    反社会的勢力による不当要求が、当社グループの事業活動上の不祥事や、当社グループの役職員等の不祥事を利用する場合であっても、事業を隠蔽するための裏取引は絶対に行わない。また、反社会的勢力への資金提供は私的にも絶対に行わない。