リンク・プロセシングの次世代オールインワン端末「Anywhere A9」、 日専連ライフサービスが、「杜の都キャッシュレスタウン」向けで採択

加盟店の多様化するキャッシュレス決済対応をサポート

2019.08.08PRESS RELEASE

リンク・プロセシング

株式会社インフキュリオン・グループ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山 弘毅)の子会社、株式会社リンク・プロセシング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 徹弥、以下「リンク・プロセシング」)の提供する、様々なキャッシュレス決済に対応した次世代オールインワン端末「Anywhere A9」は、株式会社日専連ライフサービス(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役社長:羽生 正弘、以下「日専連ライフサービス」)等が進めている、仙台市中心部の商店街「杜の都キャッシュレスタウン」向け決済端末の一つとして採択されました。

「杜の都キャッシュレスタウン」は、日専連ライフサービス等が中心となり、市内の9商店街でキャッシュレス決済を推進する取り組みです。地方金融機関や決済事業者と協力し、加盟店のキャッシュレス対応を支援するとともに訪日客や観光客の消費の増加を見込んでいます。

また、2019年10月1日(火)から開始する、キャッシュレス・消費者還元事業に向けて、2019年8月20日(火)〜2019年9月30日(月)の期間、スマートフォンを活用したスタンプラリーキャンペーンを実施します。(https://morinomiyako-cashless.com

昨今、様々なQRコード決済の登場でキャッシュレス決済手段が多様化し、加盟店にとっては対応の煩雑さが増しています。今回「Anywhere A9」を導入することで、クレジットやUnionPay(銀聯)、FeliCa系電子マネーといった既存の決済サービスに加え、QRコード決済やタッチ決済など新たな決済サービスまで、周辺機器を追加することなく1台でキャッシュレス決済に対応することが可能となります。

今後もリンク・プロセシングは、全国の自治体や地方金融機関と一体となり、キャッシュレス推進を支援していきます。

【Anywhere A9の特徴】
・オールインワン
クレジット(磁気・IC)やUnionPay(銀聯)、FeliCa系電子マネーに加え、QRコード決済やクレジット(タッチ決済)にも対応します。バーコードスキャナーや非接触R/W端末などの周辺機器を追加することなく本端末1台で主要なキャッシュレス決済サービス全てに対応できます。

・業務用端末としての拡張性
「Anywhere A9」はAndroidベースのOSを採用しているため、既存のAndroidアプリを搭載することが技術的に可能です。例えば、ポイント管理やCRM・顧客管理、POSレジ・会計や在庫管理、予約管理やシフト管理などの業務アプリを搭載することで、本端末を軸に加盟店の業務効率化を実現するプラットフォームとしての可能性も持ち合わせています。

A9

【Anywhere A9スペック】
表2

【リンク・プロセシングの会社概要】
会 社 名:株式会社リンク・プロセシング
代表取締役社長:高橋 徹弥
本 社:東京都千代田区紀尾井町 3 番 12 号 紀尾井町ビル 11F
設立 年 月日 :2010 年 4 月 1 日
事 業 内 容:クレジットカード等決済センター事業
クラウド型決済センター開発・運営、決済端末開発・提供、加盟店精算業務等をワンストップ提供
U R L:https://www.linkprocessing.co.jp/