インフキュリオン・グループが、東京金融賞2019 金融イノベーション部門 支援プログラム参加事業者に選抜されました

2019.10.08INFORMATION

インフキュリオン・グループ

株式会社インフキュリオン・グループ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山 弘毅)は、東京都が主催する東京金融賞2019において「優れた解決策を提案した事業者(5社)」に選抜されましたのでお知らせいたします。

東京金融賞について
東京金融賞は、「国際金融都市・東京」構想の施策の一つとして、2018年より創設された事業開発支援プログラムです。都民の皆様のニーズや課題の解決に資する、画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者を表彰する「金融イノベーション」部門とESG投資(※注1)の普及を積極的に行う金融事業者を表彰する「ESG投資部門」でそれぞれ募集を行いました。今回、「金融イノベーション部門」では、25のテーマを設定し、世界17の国・地域より80の事業者から解決策の応募がありました。そして一次審査で5社が選抜され、東京都によるメンタリングやビジネスマッチング等の支援プログラムを受ける事ができます。その後、最終審査を経て特に優れた事業者に対し、2020年2月頃表彰を予定しています。

(※注1)E(環境、Environment)、S(社会、Social)、G(企業統治・ガバナンス、Governance)をそれぞれ意味し、地球温暖化対策や女性の活躍、社外取締役の選任などに積極的に取り組む企業の姿勢を投資判断に活用する投資
(東京都のプレスリリースより)

東京金融賞2019のウェブページ
https://finaward.metro.tokyo.jp/